「ニューヨークスタイル」

昨日は「敗者の美学」の話をしましたが、今日は「日本人が海外の人に対する憧れ」が強いなぁと感じる話を。

東京の「スタバ」では「MacBook」をやっている方々を良く目撃します。

何故そこにわざわざ持ってきて作業?をするのでしょうか?

いや、これは決して批判ではなく、ただ本当に素朴な疑問から。

ボクは「iMac」を持っていないし他の人にパソコンをしているのを見られるのは恥ずかしく、そもそもそんな話は出来ませんが、そこには「クリエイティブな外人」への憧れがあるのだと思います。

もしくは少なからず「スタバ」で「MacBook」をする「オレどう?」と言う外部へ向けてのアピールだと思っています。

それは形が違えど、その方達の光景にはスタバが「ニューヨーク」にうつっているのではないかと思います。

それをバカにする方々もいると思いますが、ボクがそんな方々にも望むのは、そこまでやるなら「ファッション」も「ニューヨークスタイル」で決めて欲しいと言う事。
そこまでバチッと決まっていれば、もはや逆にカッコイイのでは?

そんなわけで今日は「ニューヨークスタイル」でどうぞ。

DSCF4771

Barbour 旧3ワラント 「BEDALE」 waxed jacket size38(USED)
・90’s「GAP」No-Collar Shirt(USED)
USA製!80’s 2tuck Wool Slacks(USED)

削ぎ落としたノーカラーシャツに大人の余裕を見せるゆったりとしたタック入りのスラックス(このグレーの色味もポイント)。
そして、雨が降る日でも風が吹く日でも対応できる「バブアー」。
ボクの想像する極力削ぎ落とした「ニューヨークスタイル」。

そして、そのスラックスを紹介します。

DSCF4763

DSCF4765

DSCF4764

DSCF4766

DSCF4767

DSCF4769

DSCF4773

DSCF4772

USA製!80’s 2tuck Wool Slacks(USED)

80’s頃の2タックの入ったスラックスです。
ワイドテーパードシルエットなので穿き心地はもちろんの事、合わせやすく上品。
ウエストとレングスのバランス(オリジナル)でUSA製と言うのも嬉しい所です。
人気のスラックスも徐々に秋・冬シフトのウール素材の物にチェンジしてみてはどうでしょうか?

オンラインショップにもアップしましたので是非。

LEMONTEA Online Shop

LEMONTEA池尻店

東京都世田谷区池尻3-21-32

03-6805-2643

月曜日〜土曜日は通常営業(14:00〜 22:00)

日曜日のみ(12:00〜 20:00)

lemontea-ike (1)

カテゴリー: お知らせ パーマリンク